小さな一歩をふみ出そう

「わたしらしく生きる」を、応援する!

秋の連続講座 講師との打ち合わせについて

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!
モヤ→キラ委員会・広報担当の寺田です。

今日は梅雨の晴れ間、日差しがまぶしい1日となりました。
お日様が出てくるとこんなに暑くなるんですね! 蝉の声も聞こえてきて、気分はすっかり真夏です。

そんな今日は、秋の講座のもうひとりの講師にお迎えする予定の石崎公子先生と打合せを行いました。

これまでの人生を振り返るきっかけ


石崎先生は、著書に「失敗しないエンディングノートの書き方」などがあり、終活カウンセラーとしてご活躍されている方ですが、キャリアカウンセラーとしての顔もあります。

「終活」という言葉からは、自らの死に向けた準備という意味合いが強く感じ取れてしまいますが、先生の考える良い終活とは「人生の最後、あなたはどうなっていたいのか」を突き詰めるものであり、人生のおわりから逆算して今現在からこれからの人生をどう生きるか、つまり「生」の部分に重点を置いた考え方だと言えると思います。


これまで、著書のタイトルにもあるとおり「エンディングノートの書き方」を学ぶ実践的な講座もたくさん手がけてこられた先生ですが、今回わたしたちは「これからの人生をどう生きるか」を考えるヒントとなるようなお話をお伺いしてみたいと思っています。

普段はあまり考えることがない「人生の最後」というものを少し意識してみると、今日の”わたし”が少し違って見えるかもしれません。


モヤ→キラ委員会のメンバーからも、以前先生のセミナーを受けて大変良かったという意見があり今回のご依頼になりました。

今回の打合せは、zoomで行いました。
画面に笑顔で登場された石崎先生、なのですが、最初のご挨拶で「先生と呼ばないでください」とおっしゃるほど気さくな方でした。
(なので、わたしも以下石崎さんとお呼びします)

▲石崎公子さんとの打ち合わせの様子

講座のテーマや方向性についてお伝えしたところ、講座の進め方についていろんな切り口でご提案してくださいました。


ワークのアイデアも豊富で、どれも面白そうで気になる内容だったため、打合せに参加していた委員会のメンバーひとりひとりの考えを聞いてみることにしたのですが、それぞれに思いがあってなかなか内容が絞れず。
結果、みんなの希望を少しずつ取り入れて、かなり欲張った内容の講座を組み立ててくださることになりました。


「人生の最後から現在・未来を考える」に「これまでの人生を振り返る」も加えた、過去・現在・未来全部入り!という感じでしょうか…

全ての意見に頷きながらアイデアを膨らませてくださった石崎さんに感謝です。

きっと今までにない素敵な内容の講座になることでしょう。

講座の募集はもう少し先になりますが、どうぞ、楽しみにお待ちくださいね!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© モヤ➔キラ , 2021 All Rights Reserved.